経絡オイルリンパマッサージ

リンパ

リンパとは、西洋医学の概念で、静脈に沿って全身に隈なく張り巡っているリンパ管と、その中に流れるリンパ液、そして、首周辺や脇の下、股関節、膝裏等の関節部等に存在するリンパ節を総称したものです。毛細血管から漏れ出た液体成分は、体内の細胞間を埋める間質液となります。この間質液を集めて血管に戻すのがリンパ管の役割であり、リンパ管内に取り込まれた血漿成分やリンパ球等を含んだ間質液をリンパ液と呼びます。リンパ節は、リンパ液の関所とも言われており、体に害を及ぼす病原菌やウィルス等を無毒化して、それらが全身に廻らないようにしています。

 

 

このように、リンパには、体内に侵入した異物を体から守る免疫系のシステムとしての働きがあります。また、日常の代謝活動によって生成された、体に溜まった老廃物を回収し、余分な水分と共に体外へ排泄するという、体の浄化システムとしての大切な役割も担っています。

 

 

リンパの循環システムには、心臓のようにポンプで送り出す仕組みが無く、大抵は筋肉の収縮によってリンパ液の移動が行われます。つまり、リンパの流れを改善する方法は、自分自身で運動等をすることにより、筋肉の収縮を作り出すことの他、体外から外力によってリンパを押し流すことがあります。

 

 

リンパは、足の指先や手の指先の末端から心臓に向かって、一方通行で流れています。そのため、マッサージの際は、この流れに沿うように行うことが大切です。リンパ液の流れを良くし、体の滞りを無くすことにより、健康的な生活を送ることができます。

 

医療リンパドレナージセラピスト

『医療リンパドレナージセラピスト』とは、医師の診断および指示に基づき、患者さんやご家族への生活指導、リンパ浮腫保存的治療法である「複合的理学療法(Complex Physical Therapy) 」により、治療を行う施術者のことです。養成した『医療リンパドレナージセラピスト』は2011年に1000名を超え、2015年3月末日現在、累計1796名の『医療リンパドレナージセラピスト』を輩出しています。

 

 

養成講習会にて知識と技術を習得した、医師、正看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師の修了者は、全国各地の国公立病院、大学附属病院、がん診療連携拠点病院、開業施設において「リンパ浮腫外来」の中心的な存在として活躍しています。

 

 

私(渡邉美波)は、2004年に中級講習会を受講し、修了試験に合格しました。現在、当院ではリンパ浮腫のケアはしておりませんが、この時に学んだ知識や技術は、大変役に立っております。

 

リンパ浮腫

リンパ管は、身体のなかで老廃物や細菌類を運ぶ排水管の役割を果たしています。 「リンパ浮腫」とは、このリンパ管に障害があるために吸収・運搬・排除する機能が低下し、皮下組織に水分(組織液やリンパ液など)やタンパク質が過剰に溜まった状態をいいます。

 

 

症状はひとりひとり様々ですが、手や足以外にも、顔面や胸腹部など、全身のどの部位にでも発症する可能性があり、むくみによる重圧感、だるさ、疲れやすさ、また深刻な皮膚炎を起こすことがあります。

 

 

「リンパ浮腫」は、原因が明らかでない「原発性リンパ浮腫」と、原因が明らかな「続発性リンパ浮腫」に分類されます。

 

 

リンパ浮腫のケアを希望される方は、近くの施設をご紹介いたします。

 

オイルマッサージ

オイルマッサージは西洋医学をもとにしているマッサージ法で、浄化と免疫により、老廃物や病原菌、ウィルスの除去等の効果があります。一方、経絡オイルマッサージは、このオイルマッサージの効果に、東洋医学の概念である経絡への効果を組み合わせたマッサージ法です。つまり、体表と臓腑を結ぶ道である経絡を直接刺激し、同時に、リンパの流れに合わせてマッサージすることにより、不調の原因となっている部分に対して、直接的な処置を施すことができます。

 

マッサージ

マッサージは手指を用いて、押す、もむ、さする、叩く等の手技で体に刺激を与えます。その刺激の強さにより、体が本来備わる機能に対して働きかけます。マッサージは、血液、リンパ液の好循環により新陳代謝が良くなり、筋肉の緊張緩和にも効果があります。また、神経機能や循環機能には自律神経を介して、各内臓器官の機能を調節する効果があります。不調のない人にとっても健康をより高め維持する効果があります。

 

 

マッサージを行うには、「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格が必要です。国家資格を得るためには、大学や専門学校などのあん摩マッサージ指圧師養成コースで3年以上学ぶことが必要です。そして、国家試験に合格しなければなりません。しかも、養成課程を設けている学校は、全国でも数が少ないです。しかし、それだけ希少価値がある資格と言えます。

 

 

私が通学していた専門学校は、オイルマッサージの教育に力を入れていました。ドイツ式のクラッシックマッサージがベースです。

 

 

その一方、リンパマッサージやリンパドレナージのエステサロンが多くたくさんあります。ほとんどのセラピストは、マッサージの免許は持っていないでしょう。スクールや通信教育で学び、民間資格を取得して、開業しております。ですから、「マッサージ」という言葉を用いることはできません。しかし、「マッサージ」を使ったり、「リンパドレナージ」という名前で宣伝しています。

 

 

例えば、このような講座があります。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

リンパケアセラピスト資格取得講座

アロマテラピーの資格とリンパマッサージの資格が両方取得できる。
2つの資格がとれるのに料金は49,000円と取り組みやすい講座。
受講料:49,000円(税抜) ※ネット申し込み価格39,000円
取得できる資格:一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)認定「アロマテラピスト」・「リンパケアセラピスト」
特徴:およそ5ヶ月で習得できる。2つの資格が同時に取得でき、スクーリング付きコースも受講可能。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

これが実態です。美容にしろ、リラクゼーションにしろ、自分の体をケアする人が、どのように学んできたのかを知ることは、必要最低限の事だと思います。価格やサロンの雰囲気だけで決めるのは、私は少し怖いです。

 

西洋医学と東洋医学

西洋医学と東洋医学では、主眼に置いた理念や、病気や健康などに対する考え方が異なります。西洋医学(病気を治す医学)では、細胞や組織、臓器ごとの部分的な異常を診断して病気の原因を探り、その原因を薬や手術等で取り除くことによって病気を治します。

 

 

一方、東洋医学(病気を防ぐ医学)では、全身のバランスに乱れがあった時に病気が起こるという考えのもと、全身の状態を総合的に観察し、そのバランスを整えるための治療法を選択します。その起源は、数千年前にも遡ると言われており、西洋医学が主流の現代においても、未だ多大な影響力があります。

インディバエステ

インディバの効果

今エステ業界で注目を集めるインディバですが、具体的にどのような効果があるのかは知られていないことが多いようです。

インディバの効果は体の新陳代謝をアップさせ、体を内側から健康にしてくれます。

新陳代謝が良くなると、老廃物の排出やターンオーバーも活発になります。これにより小顔効果などの健康的なシェイプアップが可能です。

また体の内側に作用し、新陳代謝がよくなることで必然的に脂肪の燃焼が活発になります。

「太りやすいのよね」という体質でお困りの方には、内側から改善できるという点でダイエットにも最適です。

インディバには痩身効果があります。インディバを気になる部分に行うことで、セルライトを解消することができます。

これに加え、余分な脂肪分の除去はもちろん、逆に肉が欲しいバストなどへ作用してバストアップを図ることもできます。

このように効果が高いインディバですが、実際には痛かったり熱かったり、副作用があったりするのでは?と疑問に思われることも多いでしょう。

そんな時はインターネットにたくさん掲載されている口コミを見たり、実際に体験へ行ってみたりするといいでしょう。

インディバでよく聞かれるクチコミとしては効果が高いということです。

その上「気持ちいい」「眠りそうになりました」という声も多く聞かれます。効果が高くて気持ちいいなんて最高ですよね。

けれどそんな甘い話あるの?と思われる方もいるでしょう。

インディバを行うサロンは効果に自信のあるところばかりです。

体験し、実際にインディバの高いと言われる効果を体感することが一番の近道でしょう。

予防美容

最近では「美魔女」ブームとなり、40代50代はもちろん、60代70代になっても元気はもちろん、「美しくいたい!」という元気な女性が増えてきています。

しかし、「美しくいたい」と思うだけで美しさをキープできるわけではありません。実際に顔の肌の老化は25歳頃に起こると言われていますし、お化粧をする若者が増えたこともありもっと早くから肌の老化現象が起こる人もいます。30代40代になり出産などを終えると、シミが濃くなり気になってきたり、目尻などのシワが気になったりしてきます。美意識の高まった昨今だからこそ、このような年齢別に起こる肌のトラブルを予防的にケアしていく必要があるのです。

インディバは高周波の温熱マシンです。この機械を使って体に熱を加えます。すると滞りがちな体内の血流やリンパの流れをよくしてくれます。その上自律神経を刺激し、中枢機能を活性化してくれることで、体は内側からどんどんと健康になっていきます。特に寒い季節には女性の体は冷え、流れが滞って体全体が不健康になりがちです。寒いので運動もできず代謝も悪くなっていきます。しかしインディバをすれば代謝が改善され、活性酵素を除去するなど、科学的にも証明されている多くの効果が体全体を健康で美しくしてくれるのです。

体内の代謝が改善されれば余分な脂肪は排出されます。体質から改善してくれるインディバですから、長期間にわたって効果を受けることができます。美しく居ることは健康に、健康でいることは美しさにつながります。インディバで予防美容して健康と美しさを手に入れましょう。

インディバ・フェイシャル

インディバには様々な体の部位に対して行うコースがあります。例えばフェイシャルコースでインディバを受けた場合、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?

フェイシャルのインディバで得られる効果は多様にあります。例えばインディバの新陳代謝アップの効果によってターンオーバーが促進され、しみやくすみが解消されます。 顔全体の筋肉を奥から刺激しますから、しわやたるみをリフトアップ、顔全体を引き締めます。その上、血流とリンパの流れをよくすることから、 顔に溜まった老廃物を排出することができ、老廃物で腫れ上がっていた顔の小顔効果もあります。

これだけではありません。

しみやしわの原因となる紫外線などによる顔への刺激は日々溜まっています。これにはターンオーバーをしっかりと行って、なるべくしみの素を溜めないようにしなければなりません。インディバをフェイシャルで受けることでターンオーバーを促進します。ターンオーバーが促進されれば、シミの素は溜まっていきません。これによりアンチエイジング効果、老化予防や予防美容になります。

よくある速攻型の痩身メニューと違い、何か副作用があるようなことはありません。その上効果がはっきりと分かるほど高いと評判です。痛かったり、
腫れ上がったりするようなことはありません。もともと健康を目的に作られた機器ですから、安心して気持ちいい施術を受けてもらうことができます。

インディバ・ボディ

インディバをボディコースで行った場合の効果は健康にも美容にもいい効果が目白押しです。

例えば皮下脂肪が気になる方、セルライトなど奥深くに溜まった余分な脂肪に悩まされている方は血流やリンパの流れの促進によって余分な脂肪は流れていきます。 内側から脂肪を排出するのは自分の体の機能が促進されて行われることです。通常の痩身メニューであればダイエットに成功してもすぐにリバウンドしてしまいます。

しかし、インディバで痩せた場合は内側の新陳代謝が促進されていますから、体自体が痩せやすい体質に改善されています。ですからリバウンドをしにくい痩身メニューだということです。インディバの効果はそれだけではありません。たるんだ皮膚をシェイプアップしてくれるので、例えばお尻のたるみや二の腕のたるみなど気になる部位に行うことでシェイプアップ、リフトアップできます。その上、血流をよくする効果で体内に溜まった疲労物質である乳酸が排出され、頑固な肩こりや首のこり、腰痛の緩和という効果があります。

また足に行った場合は足に溜まった余分な水分を輩出してくれます。これにより足のむくみや腫れを改善してくれ、足首までスラリと綺麗な美脚になれます。このように多様な効果はもちろん、お腹のあたりに行えば内臓機能の改善も行えます。内蔵は特に冷えると働きが悪くなります。
お腹を冷やすとお腹が痛くなると言われますよね。これは胃腸が冷えることで内臓機能が悪くなり、それによって痛くなった為です。
インディバで体内を温めると内臓は逆に温められます。機能は改善し、便秘の改善にもつながるのです。

医療機器としてのインディバ

インディバ機器は実は当初エステ目的ではなく、ガンに対する治療機器として開発されたという背景があります。 難しい言葉でいうと「深部加温」という力を利用し、温熱による体内の治療を行う目的で開発されました。

ガン細胞というのは熱に弱いという事実があります。ですからガン患者のほとんどが通常体温が下がり気味で寝起きには35度代にもなることがあるということをテレビでも放送され話題になっていました。実際にガン細胞が死滅する体温というのは39~42度と言われ、ここまで体温が上がれば大抵のガン細胞は死滅します。ここまで熱を出し続けることは人体にとって良いことではありませんが、なるべく冷やさないこと、なるべく身体を温めるということはガン治療にとって非常に有効な方法なのです。
インディバは患部へ使用することで、患部周辺の血流やリンパの流れをよくし、内側の代謝を高めることで身体を内側から温めてくれます。
一般的に外から温めるよりも内側から温めたほうが、温かさが持続すると言われています。

例えばお風呂でしっかりと内側まで温まるとお風呂から出てもしばらくずっと暖かいですよね。内側から温めると体全身がしっかりと温まります。
一部分だけが温かくても意味がありません。このようにガン患者の身体を温めることで、健康的にガン治療を行うことができると開発されたインディバ機器ですが、 現在ではその効果が美容や健康に効果があるものとして美容機器としてエステ業界に広まったのです。もともと医療機器であり、健康を作り出す為の機器と考えるととても安心して受けられますね。

骨盤ダイエット・骨盤調整

 

近頃、女性に大人気の骨盤ダイエット。

 

 

骨盤を回したり、ひねったり、ゴムバンドを巻いたりすることで、お腹ポッコリが解消・やせやすい体質に変えられると言われています。はたして本当なのでしょうか?

 

 

骨盤ダイエット関連の書籍を見てみると、「骨盤を閉める」ことがキーワードのようです。 説明をみると、

 

 

骨盤が開くと、内臓が下がっておなかがポッコリ出てくる。

 

 

内臓が下がることで、血行が悪くなり、基礎代謝が低下する。

 

 

やせにくい体質

 

 

という理論です。

 

 

だから、骨盤を閉めれば、

 

・内臓が持ち上がり、おなかポッコリが解消

 

・血行が改善し、基礎代謝が上がることでやせやすい身体になる

 

という訳です。

 

 

そもそも、出産のとき以外で、骨盤は開いたり閉じたりするのでしょうか?

 

 

骨盤は、大きく3つの骨で構成されています。それらは、靭帯でガチガチに固定されています。 医学の教科書的には、「不動関節」と言われ、ほとんど動かないとされています。

 

 

しかし、民間療法の世界では、骨盤は動くものとされ、実際に骨盤を調整することで、腰痛改善など様々な効果を上げている治療家の方もたくさんおります。

 

 

昔は、骨盤は全く動かないとされていたのですが、画像診断擬術が進み、わずかに動くことは分かっているようです。ですから、「ほとんど動かない」という表現に変わってきています。しかし、わずかな動きが体にとってどのような影響を及ぼすのかはわかっていません。ですから、 骨盤のことはまだまだよくわからないというのが現状です

 

 

では、シーベルズ大磯で行っている活法整体による骨盤調整をどのようなものなのか説明します。

 

 

骨盤は、3つの骨で構成されていますが、こられがバラバラに動くということはあまり考えずに、骨盤という一つのユニットとして捉えています。

 

 

この骨盤が身体の「中心」であると考えます。この骨盤が自由に動くようになると、自然な身体活動ができるとしています。

 

 

活法整体では、自由な身体活動がもっともラクな姿勢を生み出します。いつでもどこでもあらゆる方向に動ける姿勢です。この姿勢はもっとも疲れない姿勢であるとも言えます。

 

 

しかし、ダイエットは消費カロリーを上げることが大切なので、疲れないというのは消費カロリーがダウンして、ダイエットとしては効果がないのではないかと思うかもしれませんが、自由に動くからだというのは、普段からちょこまかと身体を動かすようになるのです。

 

 

その結果、トータルとしては、たくさん活動するので、消費カロリーは多くなります。 動けない身体なのに無理してたくさん動かせば、確かに消費カロリーはあがるでしょう。しかし、ブレーキを踏みながら、アクセルを踏んでいるようなものです。とても非効率です。こういう身体の使い方をしていると、身体への負担が大きくなり、怪我や故障の要因になります。

 

 

また、あらゆる方向に動けるという状態は、インナーマッスルが活動している状態です。インナーマッスルは、身体を安定させる筋肉です。身体が安定しなければ、身体がぶれて自由に動かすことができません。身体の深部で働くインナーマッスルは、起きている状態では常に活動しておりますので、カロリー消費もアップするという訳です。

 

 

骨盤調整というと、骨盤のみに目が行くところですが、遠くはなれた場所も骨盤と深くかかわっています。例えば、肩甲骨です。骨盤と肩甲骨は連動しています。

 

 

 

活法整体には、肩甲骨を調整する技もたくさん存在します。肩甲骨の動きをよくすることで、骨盤調整をしています。

 

 

 

結論として、シーベルズダイエットでの骨盤調整の目的は、

 

 

骨盤調整(活法整体+筋膜リリース)により、姿勢を改善し、動きやすい身体に変化させ、そのことで日常の活動量が増え、消費カロリーがアップする
と言えるでしょう。

 

 

 

当院では、骨盤調整をしたら、「基礎代謝がアップして痩せます!」とか「消費カロリーがとアップします」などの説明はしません。

 

 

なぜなら、私が骨盤調整をして動きやすい身体を作っても、本人が動かなければどうにもならないからです。あくまでも、「動きやすい身体に変化をさせる」のであって、実際に動かなければ、消費カロリーはアップしません!日常の活動量が増えていけば、おのずと筋肉量も増えて、結果、将来的に基礎代謝が上がることは期待できます。

 

 

「誰かに骨盤を調整してれらえば自然と痩せる」ということは、当院ではありません。ダイエットを希望される方は、自分で体を動かさなければいけませんし、食事の内容も見直す必要があります。

 

 

ダイエットに王道はなし。でも、近道はあります。その近道をするためにの知識と技術が「シーベルズダイエット」です。